生徒さんから頂いた勇気

レッスンにいらして下さる生徒さんは、スタジオの近くにお住まいの方もいらっしゃれば、中には、遠くの県から通って下さる方もいらっしゃいます。

ある時、この様な事がありました。

車を何時間も運転して、通って来て下さるご夫婦の、御主人の方のご都合が合わず、暫くいらっしゃれない事になったのですが、その間奥様が電車を乗り継ぎ、お一人でレッスンを受けにいらして下さいました。

「主人は、私が一人でも来るとは思っていなかったと思います。」

とおっしゃっていましたが、遠い道のりをいらして、女性教師の私のレッスンを受けられて、又帰って行かれる その方の後ろ姿を感謝の気持ちで見送りました。

それからの私は、何か「えい」と決断をしなければならない時に、いつもその奥様のひた向きさを思い出すと、勇気をもらえる様に思います。

公式 ホームページ 

社交ダンス教室 葵ダンススタジオ 

 

名古屋 東区泉 葵ダンススタジオ

ご夫婦でのダンスのお勧め

ご夫婦でのダンスのお勧め

ご夫婦でダンスを始めて下さる折に、「初めて二人の共通項が出来ました」 と嬉しそうにおっしゃって下さる方がいらっしゃいます。

レッスンにおいても、どのご夫婦もとても楽しそうなご様子です。

ダンスにおいて、男性は、フロアーのどの方向へ進むのかを考えながら、ステップを踏んでゆきます。

女性は、それを感じ取り、ともにスムーズに移動して行ける様に、フォローしながら動きます。

船においては、船長と副船長、飛行機でしたら、操縦士と副操縦士の様な感じでしょうか。

 

互いに信頼し、相手の意思を汲み取りながら、心を一つにして踊るダンスの、楽しさや奥深さを、是非多くのご夫婦に味わって頂きたいと思います。

 

社交ダンス教室 葵ダンススタジオ 公式 ホームページ

 

結婚式でのダンス

欧米の国々等では、ブライダル(ウエディングパーティ)の折に、新郎・新婦が、結ばれて初めて手を取り合い、皆様へのご挨拶、感謝の意味を込めて、ダンス(ファースト・ダンスと呼ばれています)を披露します。それは共に歩む新しい人生の始まりを象徴し、そして、その後で祝福に集まった人々も一緒に踊るといった事が伝統的に行われてきた様です。
これまでに日本人同士のカップルは勿論、フランス、イギリス、ドイツ、アメリカ、香港の方等、多くの国際色豊かなカップルが、結婚式で披露するダンスのレッスンを受ける為、当スタジオにいらして下さいました。
皆さんダンスは初めてという事でしたが、それぞれの雰囲気に合った振り付けのダンスを、お気に入りの曲に合わせて素敵に踊れる様になって下さいました。
初々しい、幸せ一杯の様子に、こちらも思わず顔がほころんでしまいます。
人生の素晴らしい思い出の1ページにしていただけたらと思います。

※ブライダル予定の方へ
ウエディングプランのレッスンコースもございます。(プランページに掲載中)
カップルのレベルに合わせ、やさしいステップで、華やかに振り付け致します。
ダンスや運動が苦手な方もご安心ください。
 

お問い合わせ先

社交ダンス教室の葵ダンススタジオ

電 話    (052)961-9229

 メール     758@aoi-dance.jp

   葵ダンススタジオ 公式ホームページ

 

こだわりのあるレッスン

写真

5月12日のNHKのあさイチで、軽度認知障害(MCI)の予防の1つに、ダンスを使ったものが、挙げられているのを見ました。
社交ダンスの種類の一つでもある、マンボのステップを基にして行われている様子でした。その番組の中で、脳の神経細胞の為に良い事として、
① 脳を使う(動きながらはさらに効率的といったシーンもありました)
② 人とコミュニケーションを取る
③ 楽しいと感じる事。
以上を挙げていました。
それらは、どれも、社交ダンスにあてはまるものばかりで、私は嬉しくなりました。
お医者様のように、手術をしたり、薬を処方したりする事は出来なくても、充実したダンスのレッスンが出来る事が、人の健康と幸せにつながる可能性がある。
という事は、私も社会に貢献できるのでは、という思いが湧いてきました。
こだわりのあるレッスンができる様に、日々を積み重ねてゆけたらと思います。
 

社交ダンス教室の葵ダンススタジオ ご案内

ダンスが、自分に合っているか、続けられるかどうか迷っていらっしゃる方の為に、当スタジオでは、体験レッスンや、お試しの手軽なキャンペーンをご用意しております。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

葵ダンススタジオ (052)961-9229

 メール     758@aoi-dance.jp

   葵ダンススタジオ 公式ホームページ

 

教える事は学ぶこと

先日、イギリスの UK 選手権を観戦した折に、懐かしい外人コーチャーにお会いし、レッスンを受けるチャンスを得るが出来ました。 スティーブン・パウエルとキャロル・パウエルご夫妻です。 ご夫婦には、20年近く前にイギリスで、レッスンをして頂いておりました。 その頃の私は、今より(当たり前ですが)若く、イギリスや国内の競技会への出場に追われて、いつも気が急いており、1つ1つのアドバイスに対して深く理解していなかったのではという心残りがあり、もう一度ご夫婦のレッスンをじっくり受けてみたいという思いを強く持っていました。 実際に受けてみたレッスンは、やはりとても充実し、素晴らしいものでした。 今の私は試合に追いまくられる事はなくなり、社交ダンスの教師としてレッスンの仕事をする傍ら、デモンストレーターとして皆様に自分のダンスを見ていただくという日々ですが、以前にも増してダンスへの興味はますます深くなるばかりです。 学ぶという事のは、本当に限りがないものだとつくづく感じます。 こんなに夢中になり続けて、私はなんておバカさんなんでしょう!と我ながら苦笑してしまう程です。 又、自分がコーチャーとしてレッスンをして差し上げる際にも、初心者の生徒さんの素朴な質問にはっとする事があります。 時折行く喫茶店のマスターとダンスの話をしていたら、マスターがぽつりと、「教える事は学ぶこと」 と一言・・・・・言葉が胸に浸みました。 これからも、学び続けていきたいと思います。
葵ダンススタジオ

プロフェッショナル転向へのきっかけ

写真は、私達がまだアマチュアで、社交ダンスの競技会に出場し始めて 1年半くらいたった頃のものですが、初めての大きな大会でファイナルに残ることが出来、プロフェッショナルダンサーへ転向する決心がついた試合でした。

私達の隣に映っているのは、当時のアマチュア世界チャンピオンだったシンキンソンとロレインカップルです。お二人もその後すぐにプロフェッショナルになりました。そして偶然にも、ロレインが新しいパートナーシップを組んだ後、私達は長きに渡りイタリアで彼女の指導を受ける事となりました。

名古屋のスタジオで、自分達の練習をしている時にも、彼女がレッスンの際にくれたアドバイスが今も大きなヒントになっていると感じます。

二人の男性を世界のファイナリストやチャンピオンにした素晴らしいロレイン先生のアドバイスを、又近いうちに受けたいと思っています。

葵ダンススタジオ